風雅乃徒然~風雅乃絵姿管理人の独り言~

風雅乃絵姿の管理人の日々思っている物事を綴っています。

風雅乃徒然

2021年も8月に入る事になりました。

月が変わって本日は2021年8月1日になりました。 夏季休暇は2021年8月7日から8月15日までですが、それまでの期間に何かの作業が出来ればと思っています。

本日の時点では平成レトロを意識した分家ウェブサイトの更新の作業が出来ていて、これから本家ウェブサイトの更新の作業の題材を探す予定にしています。

ちょっと前までなら夏季休暇の2021年8月の北海道への旅行まではまだまだ先と言っていましたが、もう、開始日まで残り1週間と言う感じになってしまいました。

2021年8月の北海道への旅行でカメラの趣味で知床五湖を撮影する際に写ルンですを購入して持参しようと思いましたが、行き帰りの交通手段が飛行機であると言う事で保安検査場の荷物の確認でフィルムの状態がどのようになるのかが気になりますので、今回の旅行では写ルンですの購入は諦める事にしました。

知床五湖の撮影に関してはメイン、もしくはサブの高級コンデジを持参しての撮影になりますでしょうか。 地上遊歩道の大ループでの散策は撮影しながら歩いていると3時間掛かるとの事でした。

2021年8月に入ったと言う話に戻しますが、2021年も8月に入って残りが5か月になりました。 もう、2021年も8月まで来たのかなと思いますが、ここ数年で感じている話ではありますが月日が流れるのは本当に早いです。

今月は夏季休暇の時期までは本家ウェブサイトの何らかの更新の作業をして、余力があれば本家ウェブサイト以外のウェブサイトの更新の作業が出来たら良いかなと思っています。

形の上では韓流強化月間として夏季休暇に入る前日である2021年8月6日まで設定していますが、残り6日でその題材の衣装体験の体験記が掲載出来るのかと言う感じです。

韓流強化月間としては空文化していますが、作業の数が少ない状態で掲載出来る衣装体験の体験記があれば掲載していこうと思っています。

まずは、旧ウェブサイトで掲載していて現ウェブサイトでは未掲載になっている物の記事を探す事になりますでしょうか。 そう言った記事の場合は記事の原文を再編集するだけですので手間としては少ないです。

夏季休暇の時期までは残り1週間を切っていますが、その時期までに出来る限り頑張って、夏季休暇の時にはしっかりと1週間休みたいと思っています。

雨天の松本城、撮り直しで思わぬ支援が来る。

以前の記事で少しだけ触れていますが、現存天守であると言う事では松本城にも2009年10月に一度訪問をしています。

ただ、その時は時代行列への参加のついででの訪問で時間的にもそれ程多く取った訳でも無い状態でした。

しかも、その時の天候は雨で地面も濡れていた事もあって空の色の補正をする事すら不可能な状態となっています。

一応、写真としては撮影していますが、作品と言う意味では見るに耐えられない物になってしまっています。

あくまでも参考として掲載しますが、私が2009年10月に松本城に訪問した時の天守閣の写真を掲載します。

f:id:makina-k:20210801045500j:plain

この通りに雨天で地面が濡れている状態です。 雨粒が見えるような状態ではないのがまだ救いがあると言いますか何と言いますか。

写真の明るさの補正はしていますが、元々が雨天であると言う事で写真の色としては暗い物になっています。

2009年10月当時のデジカメと言う事で4代目のデジカメでオリンパスのμ850SW(検索して型番が分かりました)での撮影になります。 現在の愛機であるキヤノンの高級コンデジであるPowerShot G1X MarkIIIはAPS-Cのサイズのイメージセンサーですが、オリンパスのμ850SWのイメージセンサーのサイズはと言われると1/2.35型ですので、現在のスマートフォンのカメラ機能のイメージセンサーと同程度の物になっています。

この当時では時代行列への参加での携行が目的でしたのでとにかくレンズの飛び出しの無い小さなデジカメを求めていたと言う事で画素数と防水性能のみを見て機種を選んでいました。

レンズの飛び出しの無いデジカメと言えば現在のスマートフォンのカメラ機能がそれに当たりますが、技術的な面でも表現力的な面でも10年以上違うと全く別の物になるのかなと思いました。

話を松本城に戻しますが、私が夫との会話で「こんな写真しか手元に無いので松本城の撮影のやり直しをしたい」と言ってこちらの写真を見せたら、「それなら考えてみよう、京都に行く事に比べたら安いし」と言われて「JR東日本のウェブサイトで特急券を安く購入する方法があれば調べて」と言われました。

私は時間が許されるのであればおひとり様でも行きたいと言う考えでしたが、「松本に行くのであれば上諏訪駅甲府駅近くの温泉旅館に泊まれば」と言われましたので本当に夫を城郭の撮影の趣味に引き込んでしまったのかなと思った次第です。

松本城にはおひとり様での訪問でと考えていましたので、温泉旅館と言う考えは出ずにおひとり様でも宿泊出来るようなホテルが選べたら良いかなと思っていましたが夫からの思わぬ支援になりました。

この会話の内容の通りであるのなら2022年の旅行の計画として本当に松本城への訪問が出来そうですね。 駄目元で写真を見せましたが効果は十分にあったと思います。

夫に言われて調べたJR東日本特急券の料金ですが、JR東日本のお先にトクだ値であるのなら13日前までの申し込みになると30パーセントの割引が適用されると言う事で乗車駅の制限はありますが、新宿駅から松本駅までは乗車券と特急券の料金で片道4620円に割引される事が分かりました。

特急列車を利用して往復で10000円以下であると言う事を考えると確かに京都に行くよりは安いですね。 京都に関しては衣装体験や変身体験の趣味の絡みで私が1年のうち2回は定期的に訪問をしているのでその分は完全に自己努力の世界ですが、松本城の訪問に関しては夫が上諏訪もしくは甲府の温泉旅館の料金を出して頂けると言う事で私自身の負担額の面では少なくなりそうです。

前にもありましたが駄目元であっても恥ずかしがらずに失敗撮影になってしまった写真を見せて行ってみたいと言う熱意を伝えるのは大切であると感じました。

写真の日付表示は入れる派、入れない派?

写真系のブログでは余り見られない表現ですが、旅行系のブログでは時々見られる表現になっていますので記事として書いてみる事にしました。 写真、特にデジカメで撮影をする時に写真に日付表示を入れる派と入れない派に分かれて来る場合があります。

私は入れない派になりますね。 日付表示を入れてしまうと芸術作品としては安っぽくなると言いますかそのような感じでですが。 私の場合は写真に芸術作品性を求めると言いますかそのような傾向が強くあると言っても良いと思います。

別趣味の話になって申し訳ありませんが、時代行列に参加した際にも他の参加者の方や見学者の方から写真を頂く事がありました。 頂いた写真の中には折角、良い構図で撮影出来ているのに日付表示が入っているだけで安っぽく見えてしまって残念な写真も見られました。

日付表示が嫌でその部分を削る為に写真のデータのトリミングの作業をする事も少なからずあるのですが、そうなると物理的な画角としてはどうしても狭くなってしまいます。

日付表示が昭和末期的から平成初期的と言いますかバブル期と言った前時代的なフィルムカメラの機能に感じると言いますかそのような感じになります。

その当時の一般層の方には写真の整理がしやすくて子供の成長記録と言った記録写真の意味合いもあって斬新で流行ったと言うのがありましたが、現在のフィルムカメラの趣味の世界ではそのような表現は余り見られない物になっています。

フィルムカメラと言う意味では昨今の若年層に流行している写ルンですでも日付表示は入らない物になっています。 マナーの問題で何かと話題に上がって来る撮り鉄の鉄道写真でも基本的には日付表示は入れていない場合が多数です。

特に芸術作品性を強く求める衣装体験や変身体験の場合は日付表示が入っていると芸術作品としての意味が無くなって来ます。 記録写真として日付表示を入れる場合なら別の意味合いになりますが、芸術作品性の面では相反した表現になってしまいます。

私が数か月前から利用しているアルバスと言うましかく写真のプリントサービスでの写真でもましかく写真の基となるスクエアフォーマットの写真のデータに日付表示を入れる派と入れない派で意見が見事なまでに分かれています。

アルバスの場合はマンスリーカードが存在していますので日付と言いますか大まかな撮影時期の説明になる物が付属されているのできちんと月ごとにアルバムに入れて整理しているのであればわざわざ日付表示を入れる必要はないと考えています。

ましかく写真と言うインスタグラムの投稿を三次元化したような物ですので、インスタグラムの写真と同じような感覚で捉えている事もあって、余計な物を入れずに仕上げたいですね。

と、写真、特にデジカメで撮影した写真に日付表示を入れる派か入れない派での題材で記事にしましたが、私なりの考えを書かせて頂く事にしました。

高級コンデジがプロ向けの機材になりえる時代か。

私の愛機になっているキヤノンの高級コンデジであるPowerShot G1X MarkIIIですが、その機種名でアマゾンで調べていると、スキルレベルとしてはプロと表示されていました。

私の場合は意識してプロ向けの機材を購入したと言う訳ではありませんでしたが(以前の記事にもある通りにイメージセンサーのサイズがAPS-Cで光学ズームの付いている機種のコンデジでと言う事で探して出て来た機材である事が購入する決め手となった為)、アマゾンの口コミにもプロ向けの機材であると言う事が書かれていたり、初心者にはお勧めと言うような文言が余り見られなかったりと言う感じでした。

そう言えば、2020年の年末に京都に旅行に出掛けた際にえ・まーささんで舞妓の変身体験をした時には室内のスタジオでの自由撮影でスタッフの方にこちらの機材で撮影をして頂きましたが、確かに出来栄えの面では良い写真に仕上がっていました。

撮影をされたスタッフの方がカメラマンのスタッフである森田様であったのか他のスタッフの方であったのかは忘れてしまいましたが撮影の技術的には良かったです。

話を本題に戻しますが、私が被写体になる側では無く、撮影する側の立場で普通にプロ向けの機材を意識して購入するのであれば一眼レフやミラーレス一眼レフのデジカメを購入していたと思います。

でもプロ向けの機材でと言う事を前提に考えるとこちらの機材の大きさはかなり小型化されていて使いまわしのしやすい物になっているのかなと思いました。

f:id:makina-k:20210731173857j:plain

前向きの姿で言えばこのような感じですね。(スマートフォンでの撮影でマクロ撮影となってしまったのか前後間にボケが出てしまっていますが見た目としてはこのようになっています) レンズカバーの部品を付けているからかもしれませんが、一見するとプロ向けの機材に通じる所があります。

確かに、こちらのコンデジの背面には現在のコンデジには珍しいファインダーも付けられていますので、その点でもプロ向けを意識されているのかもしれません。

固定のレンズが付いているコンデジですが、ボディーの部分の大きさに対してレンズの大きさが大きくてレンズ周りの前後の奥行きもかなりあります。

私はカメラ趣味はありますがその道でプロを目指していた訳では無く、美大卒業ではありますが、カメラに関しての特別な勉強をしていた訳では無く、それとなく風景や人物の撮影をしていて現在に至っています。

後日談的にアマゾンの販売ページを見てプロ向けの機材である事を知りましたが、これだけの機材を持っているのであればカメラの撮影技術に関しての勉強を今からしても良いのかなと思うようになりました。

女性がカメラを愛好していると言う事でカメラ女子(年齢的にはカメラ女史と呼ばれたいです)になりますが、その路線に乗る事が出来るようにスキルを身に付けていきたいと思います。

初代デジカメでの写真、当時としては本気の撮影であったのか。

前回の記事には初代デジカメであるニコンCOOLPIX 775で撮影をして、現在の技術力で補正した姫路城の写真を掲載していました。 確かに、補正をすると現在でもある程度見られる位の写真に仕上がりました。

その当時はコンデジで撮影をしたのでこんな画質であるのかなと思っていましたが、詳細の型番を思い出して検索をしていると、その機種の定価は72000円と出ていました。

私が実際に購入した価格は30000円でしたが、定価としては72000円、一般向けのコンデジとしては高級な物であったのかなと思わせられました。

その当時から高級志向があった訳では無く、カメラ店のスタッフの方に複数のデジカメを操作させて頂いた時に予算の面を合わせながらこれだと思って購入した物になります。

高級志向はありませんでしたが、ニコンの機材を選んだと言う事は何処と無くプロ志向に近い物を持ちたいと言う事は脳の片隅にはあったのかもしれませんね。

私の実家の家族の中では私が最も早くデジカメを購入していて(2001年に購入)、その後で弟が購入(2004年に購入)、その後、母と父が続いて行ったと言う事で、早い時期でデジカメに目を付けていた私が良かったのかなと思わせられます。

初代デジカメの話に戻しますが、定価が72000円のコンデジで、2001年から2004年春頃まで使っていたと言う事で都合で3年と言う感じでしょうか。 1年あたりの料金としては24000円で、1年に30回使用したと言う事で計算をすると1回あたりの料金は800円になります。

実際に購入した価格は半額以下の30000円ですので費用対効果や減価償却の面で言えばもっと安い物になりますね。

仮に定価で計算するとしても1回あたりの料金が800円、これで50カットの撮影をしていたと言う事で計算すると確かに写ルンですの価格と現像料金を足した金額よりも安くなっています。

2001年の当時では30000円のコンデジが高価な買い物に感じましたが、今となれば安い物であったのかなと感じました。

意外と少ない、姫路城の写真を本気で取り上げている記事。

昨日、2021年7月29日にソロフォトウェディングの撮影をして頂いたと言う事でそれに関しての記事を書いていましたが、その記事の前後にはカメラ趣味の関しての記事や城郭建築に関しての記事も書いていました。

城郭建築の記事、間接的にはカメラ趣味の記事にも通じる事ではありますが、城郭建築の記事で複数の城郭、それも建物系の城郭の名前を出してそれをタグにしていました。

建物系の城郭の名前でタグを見ていると最も多いのが大阪城になっていて、はてなブログのユーザーの方でも多くの方が大阪城を題材にして記事にされていると言う事で大阪城知名度が高いのかなと感じました。

私の場合は復興天守よりも現存天守の方が好きであると言う事で現存天守の記事を見ましたが、現存天守の記事で比較的記事数が多いかなと思うのは松本城であると感じました。

残念ながら、松本城の写真は殆ど手元に無い状態ですが、松本城を取り上げた記事を見ていると私も雨天の中でその風景を見たと言う記憶が蘇って来ます。

現存天守の記事で意外に少ないと言いますか、城郭そのものに関しての記事が少ないと感じたのは姫路城でしたね。 他所のブログサービスまでは見ていないのですが、はてなブログのユーザーの方では姫路城を取り上げた記事は知名度に対して少ないのではと思いました。

逆に姫路城が王道中の王道で世界遺産クラスの天守になりますので意識的に取り上げられる方が少ないのかなとも感じました。

こうなれば、本気になって記事として取り上げたいと言うのがありますが私が姫路城に訪問をしたのは2002年と20年近く昔であって、平成の大修理が行われた後の天空の白鷺に関しての写真は手元には無い状態です。

その事もあって本気になって姫路城の記事を書くともなれば、今年、2021年の年末の旅行の時に実際に行って晴天の下での写真の撮影をした際に旅行記側のブログに書いていこうと思っています。

とは言いながらもここまで姫路城に関して書いておきながら全く写真を掲載していないと言うのもあれですので、2002年に訪問した際の写真で現在の写真の技術で補正した物を1枚ですが掲載したいと思います。

f:id:makina-k:20210730191953j:plain

こちらがその写真になります。 2002年と言う事で、私が24歳の時に撮影をした物になりますが、その当時のデジカメ(初代デジカメでニコンCOOLPIX 775)で撮影をして、つい1週間程前にフォトショップエレメンツで空の色を補正して、その他の画質や彩度も現在の技術で補正している物になります。

思い出補正と言いながらも良く補正出来たと言う感じでしょうか。 脳内では既に思い出補正が出来ていたのですが、実際に形にするとかなり良くなっています。

天守の色は平成の大修理で天空の白鷺となって変わりましたが、そうなってから改めて本気で姫路城を撮影して旅行記側のブログに掲載したいと思っています。

先述の大阪城もそうですが、王道的な城郭建築だけでも巡って時間を気にする事なく本気でがっつりと撮影をしたいです。

私が使用しているデジカメを紹介します。

以前の記事にも私がデジカメに関しての趣味を持っていて複数の機材を使用しているということを書いていましたが、それに関して機材の写真を交えて紹介していきたいと思っています。

私が以前の記事にも書いてある通りに、現在の愛機はキヤノンの高級コンデジであるPowerShot G1X MarkIIIになっています。 今までこちらの機種の名前を何度も書いていますが、はてなブログのキーワード検索でも意外とそのデジカメの写真が殆ど登場していないと言う事でこの機会に写真を掲載したいと思います。

f:id:makina-k:20210730142156j:plain

こちらの写真はキヤノンの高級コンデジであるPowerShot G1X MarkIIIになります。 私の場合はレンズカバーの部品を付けていますが、このような感じの見た目の機材になります。

グリップ等もしっかりとしていて如何にも本格的なカメラですと言うような見た目になっています。

サイズの面ではコンデジにしては少し大きめの物になっていますが、イメージセンサーAPS-Cのサイズですのでこのサイズに纏めるのが限界であるのかなと思わせられます。

f:id:makina-k:20210730142203j:plain

以前の記事にも書いていますが背面にはファインダーが付けられています。 こちらのファインダーがまた優秀で風景写真の撮影の時にはとても役に立ちます。 ファインダーが付いていると言う事も本格仕様になっていますね。

こちらの機種は2017年に発売されましたが、2017年に発売された機種でコンデジなのにファインダーが付いているという所が評価が高いです。

f:id:makina-k:20210730142211j:plain

上から撮影するとこのような感じになります。 リングの部分も金属製になっていて如何にも本格的なデジカメを技術力でコンデジ化しましたと言うような雰囲気になっています。

f:id:makina-k:20210730142220j:plain

前後の奥行きを確認する為に真上から撮影していますが、イメージセンサーAPS-Cサイズで光学ズームもありますので今時のコンデジとしては前後の奥行きが長いです。

本格的に撮影する分では理想的な物ですが、普段から持ち歩くには大きくて重いですので、ここぞと言う時の撮影の時に使用しています。

当初は私が衣装体験や変身体験をした際に撮影する写真で私が被写体側になる為に画質の良い物が欲しいと言う事で購入したので高級コンデジを選びましたが、撮影する側での使用に限って言えばミラーレス一眼レフデジカメでも良いのではとも思わせられます。

f:id:makina-k:20210730142232j:plain

そして、普段使いで利用している機材がこちらのスマートフォンになります。 2019年に発売されたソニーのXperia1になります。 発売時には120000円もする機種でしたが、端末代が下がる頃まで待って90000円で購入しました。(現在、割賦の扱いで絶賛支払い中の状態です。)

待ち受け画面にしている桜の写真はこちらのスマートフォンで撮影した写真になっていますが、マクロ撮影でもかなり強いです。

f:id:makina-k:20210730142242j:plain

ソニーのXperia1の背面のカメラのレンズになります。(撮影用にカバーを外しています) 標準レンズ、望遠レンズ、超広角レンズと現在の上位機種のスマートフォンでは良く見られるトリプルレンズのスマートフォンになります。

超広角レンズが何かと役に立っていて、先述のキヤノンの高級コンデジであるPowerShot G1X MarkIIIには出来ない超広角の構図で撮影する時には重宝しています。

普段使いのデジカメと言われるとこちらのスマートフォンが中心的な役割を果たしている状態です。

f:id:makina-k:20210730142251j:plain

こちらがサブ機として使っているソニーの高級コンデジであるCybershot DSC-RX100 M5になります。 こちらの機材は2016年に購入しましたが、2020年に先述のキヤノンの高級コンデジであるPowerShot G1X MarkIIIを購入するまではメインのデジカメでした。

バッテリーの持ちが気になる所ですが、それ以外では特に不具合も出てないと言う事でこちらも現役で愛用している高級コンデジになります。

イメージセンサーが1インチですが、小型化の意味では結構良く出来ていて、旅行で本格的な撮影をしたい、でも、Powershot G1X MarkIIIを持ち歩くには重過ぎると言う時に活躍しています。

後日談的に調べて気が付きましたが、こちらの機材にもファインダーが付けられています。 キヤノンの高級コンデジであるPowerShot G1X MarkIIIのようなセンサーが敏感に反応しての本格的な物ではありませんが、マニュアルで設定するとファインダーを使用しての撮影も可能です。

f:id:makina-k:20210730142301j:plain

ソニーの高級コンデジであるCybershot DSC-RX100 M5の背面になります。 2016年から長く使っている事もあって使用感が出ていますが、確かに小さなコンデジになっています。

一見するとこちらのデジカメにはファインダーが付けられていない印象がありますが、操作しているとこちらのコンデジにもファインダーが付いている事に気が付きました。 

ファインダーの機能としては先述のキヤノンの高級コンデジであるPowerShot G1X MarkIIIのようながっつりとした物ではありませんが、側面のつまみを操作しているとファインダーが出てそれを使用しても撮影する事が出来ます。

ただ、ファインダーの使い方の面では情報を検索をしてようやく分かったと言う事である程度使わなければファインダーが付けられている事に気が付かない事が出て来ます。

f:id:makina-k:20210730142310j:plain

前後の奥行きの確認を兼ねて真上からも撮影しています。 奥行きの面でも先述のキヤノンの高級コンデジであるPowershot G1X MarkIIIと比べると前後の奥行きが短めの物になってます。

現在ではサブ機になっていますが、野外、アウトドア性の強い用事の時には愛機を持ち出したくないのでその際にはこちらの機材を持ち出しています。

こちらの機材は5年以上の愛用歴ですが、現在でも現役で使えると言う事でサブ機の扱いにはなりますが時々使用している物になっています。

以上、私が使用しているデジカメになりますが、これらのデジカメ以外にもデジカメは持っていますがそれらのデジカメはスマートフォンのカメラ機能よりも画質が良くないのでそれに関してはこちらでは割愛させて頂きます。

親子三代で続いている趣味。

私はと言われると趣味の一つとしてカメラを趣味にしています。 カメラの趣味に関しては祖父の代から続いている趣味で、祖父も父もカメラの趣味がありました。

祖父は1983年に亡くなっていますので、フィルムカメラの全盛期でデジカメの存在を知る以前に亡くなりましたが、もし、2000年代まで長生きしていていたらデジカメの存在を知って趣味にしていたのかもしれません。

でも祖父の遺品を整理していたら父と母の結婚式(1976年に結婚)の写真を撮影してそれをスケッチブックに貼り付けてアルバムにしていた物がありましたのでそれを私が中学生の頃に見ましたが、確かにカメラ趣味に関しては感性があるのかなと思いました。

父はフィルムカメラの時には色々と機材にこだわって撮影をしていて、一眼レフのフィルムカメラでも撮影していましたが、コンパクトフィルムカメラが流行した時代、1990年代の前半には手軽さを選ぶようになってそのような物で撮影をするようになりました。

父が持っていたコンパクトフィルムカメラ単焦点のズーム機能の無い物でしたので、現在もそのカメラが健在であるのなら若年層の方に高額で転売出来るような物になっていたのかもしれません。

現在の父のカメラ趣味に関してはデジカメに移行していますが、父が個人で所有している機材がどのような物であるのかは分からずで(私が時代行列の主役級の役柄で参加した際には撮影の応援をお願いしましたがその際には私が実家の家族で共用で使用する為に購入した機材の望遠機能の付いているコンデジを使っていたと言う事がありました)、近年ではスマートフォンでの撮影で十分と言っているのか特に機材に対してのこだわりは無い状態になっています。

カメラ趣味に対しての感性は祖父から受け継がれているのか、時代行列の撮影の応援の時にはそれとなく良い写真の撮影をしていました。

それで、祖父から数えてみると孫に当たるのが私です。 私はと言われると中学生の時にズーム機能の付いたコンパクトフィルムカメラを購入して、それを持って中学校や高校の修学旅行では撮影をしてそのコンパクトフィルムカメラは2001年にデジカメを導入する頃まで使用していました。

2001年にデジカメを導入してからはデジカメの画質が上がれば定期的に買い替えていましたが、2020年に高級コンデジであるキヤノンPowerShot G1X MarkIIIに買い替えてからはそれが愛機になっています。

以前の記事にも書いていましたが、キヤノンの高級コンデジであるPowerShot G1X MarkIIIとスマートフォンであるXperia1のカメラ機能と2つの機種を使い分けてのカメラ趣味になっています。

祖父に関しては私が5歳の時に亡くなっていると言う事で現役でカメラ趣味があった時代の話は出来ませんでしたが、遺品の写真を見ると確かに私とカメラ趣味での撮影の感性は似ている物があるのかなと思いました。

父は私が持っている機材を貸し出したら再度カメラの趣味に目覚めるのかなとも思うような感じですね。 最近はスマートフォンでの撮影で十分と言っていますがスマートフォンとデジカメとではやはり機材のレベルが違っていますのでこの点は今後、どのようにしていくのか、父としても仕事の引退が近付いていると言う事で、認知症への対策の為に何らかの趣味を持たせての余生を送って頂きたいと思っています。

カメラに関しての専門的な勉強をしたのは私ではなくて弟ですが、弟はと言われるとその趣味での活動はしている状態ではなく、現在はスマートフォンのカメラ機能で適度に撮影しているのみになっています。

私の趣味は多岐に渡っていますが祖父の代から引き継いでいるのがカメラの趣味になります。 女性であるということでカメラ女子と言う扱いですが、その趣味の活動でもっと技術力が上がれば良いかなと言うのがあります。

知床五湖、2度目の正直として行ってみたいです。

現在はまたしても新型コロナウィルスの新規感染者数が増えていますが、2021年の夏季休暇の際には北海道に旅行に行きます。

予定通りに飛行機が欠航せずに行く事が出来るのであれば、その旅行の中で1日分の時間を取って知床五湖に行く予定にしています。

強いて言うのであれば気温が低い状態で晴天になって空の色が青くなって頂きたいです。

知床五湖は2017年8月の北海道への旅行の際に1度行った事がありますが、全年齢層向けの高架木道の往復しか出来ていなくて、何時かは地上遊歩道で散策したいと思っていました。

f:id:makina-k:20210730120054j:plain

こちらの写真はその2017年8月の北海道への旅行の際に訪問をした知床五湖の写真ですが、高架木道から撮影をした知床五湖のうちの一湖になります。 これはこれで綺麗な水面の写真になっていますね。(アイキャッチ画像として知床五湖の写真を使いたい事もあって写真を掲載しました)

地上遊歩道に行く事は事前にレクチャーを受けて所定の書類を提出する事で可能になりますが、歩きやすい服装で出掛ける形になります。

その為に登山も出来る位のスニーカーを購入したり、折りたたみ式の軽いリュックサックを購入したり、レインポンチョも購入したりという感じで事前の準備は進んでいます。

スニーカーは試し履きをしていますが、本当に軽くて足に密着して歩きやすい物になっています。

前準備の面としては殆ど出来ていますので、後は天候に恵まれて交通手段がきちんと動いて頂けることでしょうか。

時期的には夫の体調の面で不安な所はありますが、徒歩距離的には高架木道と同じである小ループでも良いので行きたいですが、出来れば知床五湖の全てが見られる大ループで行きたいです。

小規模な旅行であるのなら今後も行く機会があるとして北海道への旅行、それも道東を派手に廻る旅行としてはこちらの旅行が終わってからは当分は無いであろうと思われますので、今回の機会で確実に行く事をしたいです。

こちらの記事に掲載している写真は2021年の現在ではサブのコンデジになっているソニーのCybershot DSC-RX100 M5(2016年に購入)を使って撮影していますが、メインの高級コンデジであるキヤノンPowershot G1X MarkIIIはコンデジとしては嵩張る所もあってアウトドアの場面では使いたくないと言う事もありますのでサブのコンデジを持って再度の撮影をしたいと考えています。

どちらのコンデジでもスマートフォンのカメラの超広角レンズと同等の機能は無いのですが、もし、そのようなレンズが必要になった場合はスマートフォンのカメラの超広角レンズを使用して撮影します。

知床五湖への観光、2度目の正直として確実に訪問する事をしたいですが、今のご時世ですので無事に行く事が出来る事を願うのみです。

ソロフォトウェディング、予算として結果的には。

昨日、2021年7月29日に小さな結婚式品川ベイサイドスタジオさんのソロフォトウェディングに行って撮影をしてまいりました。

結果としては本当に良くて、これこそ日本品質の結婚式場での婚礼写真のように感じました。 やはり、チャペルが設えになると写真の出来栄えが異なって来ます。

以前の記事にも書いていますが、ウェディングドレスが日本品質の物ですのでとても上質で良い物になっています。

事前に見積もって頂いてその際に支払った金額に関しては以前に記事として書いていますが、そのソロフォトウェディングの撮影が実際にされる事での当日に追加した料金を含めての予算を改めてこちらの記事では書かせて頂きたいと思います。

基本料金33000円

基となるウェディングドレスフラットシェイプのAラインスカート、基本料金に含める

肩紐基本料金に含める

オーバースカート11000円(実質無料)

トレーン11000円

コサージュ3300円

アクセサリーや小物のパックプラン11000円

(内容ネックレス、イヤリング、ヘアアクセサリー、ヴェール)

ローヒールの靴基本料金に含める

グローブ基本料金に含める

ブライダルインナー5500円

造花ブーケ基本料金に含める

データDVD3300円

野外撮影11000円

合計89100円(実質負担額78100円)

以上、このような感じになります。 撮影の時間としては合計すると1時間、そのうち野外での撮影(会場の入口の階段、運河等)は約30分になります。

※野外での撮影(会場の入口の階段、運河等)は品川ベイサイドスタジオでのオプション扱い

平日での撮影であった為に予算としていた100000円以内に収まると言う感じでしょうか。 実際にデータとして納品されるのは50カットですが、変身写真ではない婚礼写真であると言う事では費用対効果が高いです。

良心的な企画であるのかなと感じましたが、私が撮影した日では会場内は幸運にも私一人の貸し切り状態になりました。

データとして納品されるともなるときちんとしたフォトブックを発注して形ある物として残したいです。

撮影はプロカメラマンの方による一眼レフのデジカメでの撮影で基本的な構図としては2021年の夏のソロフォトウェディングキャンペーンとして用意されている物でのお任せの形になりました。

プロカメラマンの方の一眼レフのデジカメのサムネイルの写真を少しだけ見せて頂きましたが、会場の違い等はありますが同じキャンペーンで撮影されていた衣装体験や変身体験のブログ繋がりの方の構図と似ている所がありましたので、チャペルでの撮影での基本的な構図としては小さな結婚式の他の会場とほぼ同じ構図が用意されていると考えても構わないと思います。

京都の変身写真館の場合は同じようにウェディングドレスを着ての撮影でももっと良心的な料金体系の所もあると思いますが、東京都内の結婚式場でこの料金設定ですので京都への交通費と宿泊費の差し引きをしても費用対効果は良いです。

ソロフォトウェディング、無事に撮影が終了しました。

本日、2021年7月29日の午後の事ですが、予約して衣装合わせをしていた小さな結婚式品川ベイサイドスタジオさんでのソロフォトウェディングですが、無事に撮影が終わって後は写真のデータの納品を待つのみになりました。

店舗に到着すると、担当者のスタッフの方とメイクのスタッフの方が来られてブライズルームに案内されました。

私が2015年に挙式した時の結婚式場のブライズルームはかなり広い面積の物でしたが、こちらの小さな結婚式品川ベイサイドスタジオさんのブライズルームは必要最小限に纏められた形の物になっています。 でも、個室としては6室用意されていて、貴重品用のロッカーも6組分用意されていたと言う事でセキュリティー的には良い所であるのかなと好感がありました。

メイクもやヘアセットも希望を聞いて頂いて当初の希望通りにダウンスタイルのヘアセットをして頂いて、メイクは派手目にして頂く事になりました。

2021年の現在の婚礼写真の場合は自然な感じのメイクが主流となっていてベージュピンク系のアイシャドウを使われる事が多いようです。 良くある所のオフィスメイクを少し濃い目にした程度だとか。

2010年代では結婚式はと言われると数十名の招待客をもてなして披露宴をするのが一般的であったようですが、その後、結婚式の小規模化が進んで行ったのと宣伝用の媒体が雑誌が主流であったのがインターネットが主流になって、小さな結婚式さんのような小規模の結婚式場が一般層に支持されるようになったそうです。

話が少し本題から逸れてしまいましたが、私の場合はメイクは目元を派手目にして頂きたかったと言う事でピンク系の色の付いたアイシャドウを少し足して頂きました。 アイライナーも少し太めにして頂いた感じでしょうか。 全体的に豪華な雰囲気にして頂いたと思います。

メイクとヘアセットが終わるといよいよウェディングドレスの着付けが開始されていきましたが、この場面でスタッフの方が準備していた物でオーバースカートとトレーンを間違えて衣装として用意されていたので再度の確認をしましたが、スタッフの方の側のご厚意でオーバースカートとトレーンの両方を着付けて頂く事になりました。

本来であるのならこの時点で11000円の差額が発生する所ではありましたが、スタッフの方の側での物事でしたので差額無しで対応して頂きました。

その代わりではありませんが、同じ11000円の物と言う事で野外での撮影を希望して追加させて頂いた感じになります。 野外での撮影は小さな結婚式品川ベイサイドスタジオさんの入口の階段とビルの外にある運河での撮影が追加になりました。

最後にブーケを選ぶ事になりましたが、2021年の現在ではナチュラルブーケと言いますか造花の花の茎を花束のような形で纏めたデザインが流行していると言う事でそれを選ぶ事にしました。 結婚式の本番であるのならそれを生花にして頂く感じですね。 2010年代ではキャスケードブーケが流行していた印象がありますがその点も変わっているとの事でした。

本来の衣装より豪華な物になりましたが、衣装の着付けが終わって撮影が開始されて行きました。 カメラマンは男性の方が来られていて、チャペルの中とチャペルの廊下、待合室に加えて入口の階段と運河で撮影をして頂きました。 低めのアングルでの撮影の際には低く構えて下さったりで撮影の技術力の面では確かな方であるのかなと思わせられました。

チャペルは15名の招待客が入れば一杯になるような位の小規模の物で想像していたよりも規模が小さかったですが、そこはカメラマンの方の撮影の技術力でしょうか。 広角レンズを使って大規模の長いバージンロードのあるようなチャペルで撮影したかのような雰囲気の写真も撮影して頂けました。

チャペルの真ん中に立って撮影をして頂いたり、ブーケを見ている角度で撮影して頂いたりと言う感じで一通りの構図で撮影して頂いた感じですね。 チャペルの廊下での撮影も雰囲気が出ていて、待合室でもソファーに座っている構図で撮影して頂いたりと良い感じになっていました。

f:id:makina-k:20210729194839j:plain

写真は小さな結婚式品川ベイサイドスタジオさんの入口の階段になりますが野外での撮影を追加するとこのような雰囲気の場所での撮影もして下さります。

その後、野外での撮影もして頂けましたが、東京の都会的な雰囲気の背景での撮影となって絵に描いたような恋愛ドラマの主人公の花嫁姿のような写真を撮影して頂きました。 雰囲気的に東京の都会的なお洒落な花嫁のような感じと言いますかそのような物になっていますね。

撮影時間としては1時間ありましたが、屋内と野外で目一杯に時間を利用しての撮影になりました。

最終的には野外での撮影の追加料金で11000円支払いましたが、満足度の高いソロフォトウェディングになったかなと思っています。

本格的な結婚式場や婚礼写真の店舗でのソロフォトウェディングは初めての体験でしたが、写真の質としてはとても高くこのような商品が提供されるのであれば結婚と言う形式にこだわらずに現在でも独身であったとしても良かったのかなと思わせられました。

ソロフォトウェディングの最終の確認の連絡が来る。

昨日、2021年7月27日の話ですが、小さな結婚式品川ベイサイドスタジオさんからソロフォトウェディングの最終の確認の電話が掛かって来ました。

先週に夫との山梨県への旅行を挟んでいてその後、別件の趣味での作業をしていましたので、こちらの話については数日間頭の中に出て来る事はありませんでしたが、最終の確認の電話が掛かって来ていよいよであるのかなと感じさせられました。

本当に明日、2021年7月29日の話になるのですが楽しみにしています。 ウェディングドレスの衣装合わせも済んでいて明日に訪問する際には実際にメイクと着付けと撮影して頂く事があるのですが、どのような写真が撮影されて仕上がりがどのようになるのか本当に気になってしまいます。

逆に言えばですが、本格的なウェディングドレス姿の写真はと言われるとあるようで無い状態ですので、一生の思い出として写真として残したい気持ちが強くあります。

実際の挙式や披露宴ではウェディングドレスを着ずでウェディングドレス姿の撮影もカジュアルな変身写真館でそれなりの写真しか撮影していなかったので、きちんとした場所で、それもきちんとしたチャペルの設えで撮影する事は初めての話になります。

恐らくはソロフォトウェディングに関して言えば最初で最後の記念撮影になるのかなと思いますね。 43歳にしてようやくまともな花嫁姿になれると言いますか何と言いますか。

美しさの為であるのなら資金を投じて言葉の表現を変えると課金してでもと言う考えはありますが、来年、2022年以降では少しずつ衣装体験や変身体験での活動の規模を小さくしようとも思っています。

かなり以前の記事に書いていた事になりますが、1年に12着分の衣装体験や変身体験に抑えると言いますかそのような事でと考えています。

記念撮影としてソロフォトウェディングはしますが、それが良い機会であるとして今後の衣装体験や変身体験の活動方針の見直しをしようかなとも思っています。

私自身が多趣味ですので趣味の活動に対しては優先順位の調整で留まりますが、予算の分配等で微妙に変更していきたい所は出て来ています。

美しい衣装を着る事は好きなのですが、衣装体験や変身体験の趣味でも風景写真の趣味でも段々と思い出補正をする事に活動の重きを考えているのかそのような感じです。

2000年代に撮影した城郭建築で直近10年以内に撮影していない場所を挙げていくと。

前回の記事では2000年代に撮影した城郭建築の写真で直近10年以内の訪問のない場所や写真のデータが失われてしまった物をリストアップして書き出したいと書いていましたが、実際に、こちらの場で書き出していきたいと思って記事にする事にしました。

2000年代と書いてありますので、関西地方の城郭建築が多いですが、中にはそうでもない場所も入っていますのでその事も含めて書いていきたいと思っています。

岡崎城・・・2001年に訪問。 撮影はしたが写真のデータが消失している。 名古屋への旅行のついで訪問での撮影を検討中。

姫路城・・・2002年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 2021年12月に訪問を予定。

福知山城・・・2002年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 京都への旅行のついで訪問での撮影を検討中。

名古屋城・・・2002年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その後に訪問する機会があったが城郭建築の写真を撮影する為の訪問ではなかった。 その後に再建された本丸御殿の撮影も含めて名古屋への旅行のついで訪問での撮影を検討中。

清洲城・・・2002年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その後に訪問する機会があったが城郭建築の写真を撮影する為の訪問ではなかった。 名古屋への旅行のついで訪問での撮影を検討中。

犬山城・・・2002年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その後に訪問する機会があったが城郭建築の写真を撮影する為の訪問ではなかった。 名古屋への旅行のついで訪問での撮影を検討中。

伊賀上野城・・・2002年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 交通の確保の面が課題。

金沢城・・・2002年に訪問。 デジカメが修理中の時であったのでデータとしては無い状態。

丸岡城・・・2002年に訪問。 デジカメが修理中の時であったのでデータとしては無い状態。

伏見桃山城・・・2003年に訪問。 撮影はしたが写真のデータが消失している。 京都への旅行のついで訪問での撮影を検討中。

掛川城・・・2003年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。

大垣城・・・2003年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 名古屋への旅行のついで訪問での撮影を検討中。

越前大野城・・・2003年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 交通の確保の面が課題。

富山城・・・2003年に訪問。 工事中で撮影が不可能であって、その時に訪問したのみ。

二条城・・・2003年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時が最後の訪問。 京都への旅行のついで訪問の撮影を検討中。

池田城・・・2003年に訪問。 イベントでの訪問の為に城郭単体での撮影が無い状態。 実家への帰省のついで訪問の撮影を検討中。

大和郡山城・・・2004年に訪問。 撮影はしたが写真のデータが消失している。 実家への帰省のついで訪問での撮影を検討中。

今治城・・・2004年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その後に訪問する機会があったが城郭建築の写真を撮影する為の訪問ではなかった。

高田城・・・2004年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 交通の確保の面が課題。

彦根城・・・2004年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その後に訪問する機会があったが城郭建築の写真を撮影する為の訪問ではなかった。 京都への旅行のついで訪問での撮影を検討中。

高知城・・・2004年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その後に訪問する機会があったが城郭建築の写真を撮影する為の訪問ではなかった。 交通の確保の面が課題。

熊本城・・・2005年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 熊本地震から完全に復興した時点での訪問で検討。

因島水軍城・・・2005年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 交通の確保の面が課題。

長浜城・・・2006年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時が最後の訪問。 京都への旅行のついで訪問での撮影を検討中。

大洲城・・・2006年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 交通の確保の面が課題。

会津若松城・・・2006年に訪問。 デジカメの故障により撮影が出来ず、その時に訪問したのみ。

宇和島城・・・2007年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 交通の確保の面が課題。

伊予松山城・・・2007年に訪問。 台風の為に写真が殆ど撮影出来ず、その時に訪問したのみ。 交通の確保の面が課題。

丸亀城・・・2007年に訪問。 写真のデータはあるが数としては少なく、その時に訪問したのみ。 交通の確保の面が課題。

松本城・・・2009年に訪問。 雨天の為に写真が殆ど撮影出来ず、その時に訪問したのみ。 2022年に訪問する事を検討中。

直近10年間で訪問していない城郭建築で記憶にあるだけでもこれだけですが、それだけに絞ってもかなり訪問しているような。 ただ、殆どの城郭建築が時代行列への参加のついで訪問の為に写真のデータの数としては少ない状態になっています。

関東地方から比較的近い場所の城郭建築ともなれば、現在では比較的訪問がしやすい環境になっていますが、関西地方や四国地方や九州地方の城郭建築になると関東地方からの訪問ではどうしても手間が掛ってしまいます。

それでも写真の撮り直しはしたいと思っているので上記の城郭建築の中で少しずつでも訪問出来たら良いかなと思っています。

思い出補正の力は凄いです。

今年、2021年に入ってから思い出したように私が20代の年齢であった頃の記憶を思い出すようになって、過去に撮影した記念写真や風景写真等を見るようになりました。

その事もあって衣装体験の場でも良いので成人式の写真の撮り直しをしたいと思うようになったり、史跡巡りの写真の撮り直しをしたいと思うようになったりしています。

過去、と言っても2000年代前半に撮影した風景写真の高画質化、一例を挙げるともなると城郭建築系の画質補正で写真の空を晴天の青空にする加工をする事になりますが、それをすると場所の思い入れの強さの違いで補正した写真によっての個体差が出て来る事もあります。

ゲームの世界でも1990年代の作品のリメイク版やリマスター版が発売された際にその作品に対しての思い出補正を書いている記事を見ますが、私の場合はそれを人物写真や風景写真で感じていると言いますかそのような感じになります。

思い出補正と言っても訪問した場所によって補正力の強さが出て来るのでしょうか、20年位前の写真であっても直近の訪問から1年経過していない場所では単純に新しい写真があるからそれで思い出を補完しようという考えですが、直近の訪問から20年近く経過している場所ではこれから訪問しなくてはと言う考えと共に、思い出補正の力も相まってその当時に撮影した写真の高画質化の作業をしたくなると言いますかそのような感じです。

実例を挙げると前者の場所で言えば大阪城がそれに当たって、後者の場所で言えば姫路城がそれに当たっていますが、大阪城の場合は2000年代の写真があって、直近では2021年の写真もありますので特別に思い出補正の力が強い訳ではありませんが、姫路城の場合は2000年代の写真しか無くて直近に訪問したのが2002年であると言う事で20年近い月日で訪問していない形になっているので思い出補正の力がとても強いです。

まだ、姫路城のように手元に写真のデータが残っている場所に対しては補正をして高画質化をすればその思い出はある程度は満たされるとして、伏見桃山城や岡崎城のように何らかの時点で写真のデータが消失した物に関しては思い出補正の力はさらに強くなっていますが撮影のやりなおししか方法が無いので、意識的に訪問する時期を作っての行動をする必要が出て来ます。

新型コロナウィルスが流行していて物理的に海外旅行に行く事が出来なくなっている今の時代ではその海外旅行の枠を国内旅行に振り替えたりと言うのがありますが、国内旅行に振り替えた枠で以前に撮影した写真でデータが古くなっている物や消失してしまった物を取り戻す旅行をしてみたいです。

行き先が京都と一緒に組む事が出来る場所の場合は京都への旅行と一緒に組む事での訪問、そうではない場合は完全にそれが目的での単独での旅行になりますが、海外旅行の趣味に復帰出来るまでの時間を利用して意識的に思い出作りと思い出補正の補完をしたいと思っています。

こちらの記事では具体例として大阪城や姫路城や二条城や岡崎城と言った城郭建築の名前が出ていますが、その城郭建築で写真の状態が古い、写真の撮影がしたがデータが失われている所を中心に何らかの機会でリストアップして記事として書いていきたいです。

ファインダーの付いているデジカメ。

私が持っている高級コンデジであるキヤノンPowerShot G1X MarkIIIですが、こちらの機種にはファインダーが付いています。

ファインダーの付いているデジカメが意識的に欲しかったと言う訳ではありませんでしたが、高級コンデジAPS-Cイメージセンサーを採用していてそれでいて光学ズームに対応している機種でと言う事で探しているとその機種に辿り着いた形になります。

そもそも2020年代コンデジにファインダーが付いている機種が存在している事に気が付かなかったと言うのが大きいです。

動作テストの時には殆ど意識しませんでしたが、今年、2021年の春に地元に近い場所にある桜並木を撮影する時にモニターを見ていると光の反射があって見えにくかったので「そう言えば、このコンデジはファインダーが付いているな」と思ってファインダー越しに撮影していてファインダーがこんなに良い物であるのかと再発見した形になります。

そう言えば、私が変身体験の趣味で何度も通っていて、2020年12月に惜しまれつつも閉店された京都葵さんの店長である山下様がスタジオで撮影される際にモニターではなくてファインダー越しでの撮影にこだわりがあってその方法での撮影をされていたのですが、京都葵さんの閉店から数か月後の時期での桜の撮影で思い出したかのようにデジカメのファインダーの存在を再認識したと言うのかそのような形です。 山下様のファインダー越しでの撮影にこだわられる理由が少しでも感じる事が出来たと言いますかそのような形でしょうか。

ファインダー越しで撮影をすると被写体がきちんと捉える事が出来ると言いますか、色も直感的に感じ取れると言う事もありますが、撮影時にがっつりと撮影していますよと言う感覚が出て来ます。 シャッターも押すというよりはシャッターを切るという感じでしょうかそのような感覚を味わえました。

がっつりと撮影している感覚を思い出すように知って、写真の撮影はこれだと思いました。 スマートフォンで画面を見ながらの撮影も良いのですが、それとは違う感覚を味わったと言うのかそのような感じになります。

私の場合はファインダー越しでの撮影はあくまでも風景写真の時に使う物かなと思っていますが、それだけでもファインダーの付いているデジカメを選んだと言う意義はあります。

今後、風景写真の撮影に対してのこだわりがさらに出て来た時点でミラーレス一眼レフのデジカメを購入する時期が来るであろうと思われますが、その時でもファインダーありの機種にこだわるのかなと思うとそのような感じになりますね。 それが付いているだけでプロっぽい雰囲気が味わえると言いますか、何と説明して良いのやらですが。

当初、デジカメやその他カメラの趣味は時代行列への参加や衣装体験や変身体験の趣味を引退してからの余生の趣味として考えていましたが、旅行やその他で建物を撮影したり桜を撮影したりしてカメラの魅力に取り憑かれてしまって当初の予定よりも早くその趣味に目覚めてしまった形になってしまっています。

その他には健康を維持していくのに徒歩距離を稼ぐ為の手段としてのカメラ系の趣味の再燃もありますね。 カメラと言っても風景写真、風景写真と言っても建物系の城郭巡りでの写真ですが。

若年層の方が言うようなエモい写真の撮影とかとは全く違うのですが、きちんとした芸術性のある写真の撮影をしたいと言いますかそのような感じですね。

まずは手持ちの高級コンデジ(キヤノンPowerShot G1X MarkIII)とスマートフォン(ソニーのXperia1)から開始していきますが、こだわりが出来るようになったらさらに踏み込んでいく事が出来たら良いかなと思っています。